wisdom

 

旅で得たインスピレーションを日常に活かす講義
 
IID世田谷ものづくり学校にある自由大学において、SUGEEは3年間「旅学」の講師をつとめていた。
 
「旅学」とは、ミュージシャンとして、また熱帯植物を使った空間アーティストとして、旅から得たインスピレーションを自らの表現活動に活かすShaman SUGEEが、旅好きな受講生とともに、旅と日常をテーマに語らいあうことを目的とした講義である。
 
さまざまなゲストを招いて、旅の経験とゲストが感じて表現したいことを受講生に伝える前半パートと、受講生も含めて全員が意見を交わし合う後半パートで講義は主に構成され、締めくくりにその日のテーマにあった曲をSUGEEが歌い演奏するという流れで終わる。
 
受講生たちは、毎回の講義のあと晴れやかな表情で帰っていく。講義の時間が旅そのものだったという方も多くいた。
 
2014年5月、10期に渡る「旅学」の最終講義がおこなわれ、受講生のほかに多くのOBが集まった。全員で「なぜ人は旅に出るのか?」をテーマにディスカッションをしてそれぞれの旅に出る理由を共有したあと、Shaman SUGEEは自分が旅に出た理由を話し出した。