Dialogue with Sugee

 

シャーマンとの対話

 

ある日、種田は偶然SUGEEの音楽を聴いた。ジャンベを叩きながら、遠い昔の物語を語り聴かせるように歌うその姿を見て、大きく息を飲んだ。ほとばしる情熱と深い集中が同居するようなその表現の背景にあるものは一体なんなのか?旅人のSUGEEはどこを旅してどんな人と会って来たのか?なぜシャーマンを名乗っているのか?種田が尋ねると数日後にある秘密の場所にあるアガベの木の前に来るように指定された。

 

その日から種田とSugeeの対話の旅が始まった。